FC2ブログ

男の浪漫味、和製カルボナーラが魅力の「JIN JIN」@新宿東口

2017.10.24.14:52

JIN JIN@新宿東口
パスタ


新宿紀伊国屋ビルの地下にはいくつかレストランが入っています。
そして昼時になると一様に賑わいをみせます。
1 (13)

過去訪問したことがあるのは2店。
・2016年6月14日 水山(うどん)
・2016年7月29日 モンスナック


今回はパスタ屋さんの「JIN JIN」というお店に行ってみました。
1 (11)


創業1970年ってすごくないですか。48年続いているということになります。
半世紀続くパスタ屋さんってなかなかないのではないでしょうか。
1 (12)


店内はぐにゃぐにゃ曲がったカウンター席。
18時前ということで最初は結構空いておりましたが、18時を過ぎると夕飯族がわらわらと現れまして満席近くになりました。
1 (2)


いくつかのサイドメニューはあるものの、メニューはオールパスタです。世間的にポピュラーな内容は全て揃っているように見えます。
並盛りと大盛りの値段が同じ大きさで記載されているのも特徴の1つでしょう。
1 (1)


デブパスタこと、カルボナーラの大盛りにしようではありませんか。910円。なかなかのお値段。
しかしこういうところのカルボナーラの味は裏切らないというのが定番です。
1 (3)


デフォルトでドリンクも付いており、それゆえの大盛り910円ということでしょうか。
上手に単価アップすることが、1970年から続いている秘訣の1つなのかもしれません。勉強になります。
1 (4)


大量の粉チーズとタバスコなどが配備されています。
かけていないのでわかりませんが、粉チーズはチーズ嫌いを助長するタイプの、あの緑の筒のタイプのチーズじゃないかなあと勝手に判断して使うのをやめました。
1 (5)

実際のところはわかりませんので、ぜひ試して教えて欲しい。
1度かけると後戻りできないのが調味料の怖いところです。


カルボナーラと、もうヤケクソで頼んだコーラがやってきました。
カルボナーラなんていうハイカロリーなものを頼んでしまった以上、もうコーラをぶつけるしかありません。そして明日こそは粗食でと誓うのであります。
1 (6)


嫌いを裏切らないビジュアル、そしてボリューム。
イタリアで食べるそれとは全く別物ではあるものの、これはこれで成立している和製カルボナーラとでも言うべき愛する味。
1 (7)


なぜかトマトソースがかかっているのですが、正直これは不要です。
役に立たないを通り越して、少々邪魔しているような気がします。次回は「トマトソース抜き」でお願いしよう。
しかし栄養バランスを考えると、あったほうが断然よさそう。
1 (9)


ほどよいソースの絡み、玉子とチーズとクリームの合せ技。味の濃さも少し濃いくらいでむしろ歓迎したい。
老若男女、全方位をカバーしたパーフェクトカルボナーラでありました。期待していた味と1ミリのブレもありません。
1 (8)


パスタが生パスタみたいなモチモチ食感であるところもポイントの1つです。
乾麺でも生パスタでも個人的には優劣はあまり関係ありませんが、このカルボナーラソースには、この生パスタがぴったり。
1 (10)

大盛りでしかもコーラとはやってしまったなあ、、、という罪悪感は少々残りますが、王道の大衆的和式カルボナーラは時々食べたくなってしまうお味でした。


===
【オーダー】
カルボナーラ大盛り 910円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(6) :★★★★★★☆☆☆☆

味(6)     :★★★★★★☆☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(6)     :★★★★★★☆☆☆☆

ジンジン 新宿店パスタ / 新宿三丁目駅新宿駅新宿西口駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0



[イタリアン]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : イタリアン

comment

Secret

食べログランキング
食べログ グルメブログランキング
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
スポンサー
食べログ
エリア別に見る
ジャンル別に見る