FC2ブログ

魂の和食「壱」@目黒

2017.11.02.21:55

壱@目黒
和食


目黒駅から山手線の内側方面、つまりは東口から出て東に向かった場所に「壱」という和食屋さんがあります。
1 (1)


店内はカウンター席とテーブル席があります。
大将と男性のお弟子さん2人で切り盛りされている、比較的小さな和食屋さんになります。
1 (2)


おすすめメニューが黒板に書いてあります。
1品1,000円前後ということで、安くはありませんが決して高くもない値段設定です。お店の雰囲気や場所を考えますとむしろリーズナブルな設定といえそうです。
1 (3)

その他グランドメニュー等は一番下に掲載しました。
5,400円でコース料理にすることもできるようです。


野菜の栽培方法に関する説明がありました。大変こだわった、安全安心の野菜を使っているようです。
安全安心なだけでなく、ここまで丁寧に作った野菜はたいそう美味しかろうと思いました。
なのであとで野菜の炭火焼をオーダーしてみようと思いました。
1 (12)

頂いたものを簡単に紹介します。


■生ビール(650円)/日本酒(800円)
図1

生ビールはプレモル、日本酒はいろいろ揃っている中からよくわからないのでフィーリングで選んで飲んでみました。
日本酒も800円と手頃な価格でありました。

料理的に圧倒的に日本酒が合いますので、ビールはそこそこに速攻で日本酒に切り替えることをオススメします。


■本日の造り盛り合わせ(1人前1,300円)/白海老の天麩羅(950円)
  鮭ハラス焼(950円)/旨味豚の炭火焼(1,200円)
図2

お刺身が既に圧倒的に美味しい。素材が違うのか。あるいは切り方か。
オープニングのお刺身でお店のレベルの高さが垣間見えすぎました。

ハラスの脂の乗りの凄まじさも驚きましたし、豚肉の炭火焼きの香ばしさと絶妙な火入れにもヒデキは感激しました。
料理は基本的に大将お一人で作られているようですので、のんびりとゆっくりとお酒を楽しみながら焦らず楽しみたいところです。


■舞茸のフラン(600円)
1 (14)

一番驚いた料理がこちら。舞茸のフラン。フランとはプリンみたいな意味かもしれない。
ペースト状にした舞茸と、、、舞茸となんでしょうか。なめらかで口当たりがよく、そして舞茸の旨味が押し寄せる食べたことのない味、食感の料理でした。

しかもこれが600円だなんて。手間たるや相当なものがあると思います。
一撃必食のメニューであります。


■旬野菜の炭火焼(1,000円)
1 (25)

野菜ってこんなに味がするものだったかと思わずにはいられません。
シンプル過ぎる料理ですが、野菜の品質が良すぎるからこそ成立する完璧な炭火焼きでした。


■生のりの赤出汁(300円)
1 (26)

〆に飲んだお味噌汁。出汁の味わいが深い。
ここにきて化調など使っているはずもなく、心に染み渡る味噌汁でした。


■冷たいお蕎麦(700円)
1 (27)

深大寺そばだそうです。調布近辺に伝わる蕎麦を深大寺蕎麦というそうですが、その特徴はわたしはよくわかりません。
とにかく喉越しの良い蕎麦であることと、蕎麦汁が単体でごくごく飲めそうなほど旨い味わいでした。

いろいろ頂いて1人5,600円は料理のクオリティを考えると破格ということになってしまいそうです。
大将のこだわり、魂を感じる料理たちはすごいものがありました。

目黒で和食をいただきたい時に、まず思い浮かべたいお店です。


===
【オーダー】
上記の通り 1人5,600円くらい

■ドリンク
ドリンク

■ワイン
1 (4)

■料理
料理

■コース
1 (6)



↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(8) :★★★★★★★★☆☆

味(8)     :★★★★★★★★☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(8)     :★★★★★★★★☆☆

料理屋壱割烹・小料理 / 目黒駅白金台駅高輪台駅

夜総合点★★★★ 4.0



[日本料理]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : 和食

comment

Secret

食べログランキング
食べログ グルメブログランキング
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
スポンサー
食べログ
エリア別に見る
ジャンル別に見る