FC2ブログ

大変珍しいスフレ専門店「レキューム・デ・ジュール」@国立

2017.11.26.17:00

レキューム・デ・ジュール@国立
カフェ


国立のカレーの名店「さむくら」に行き(2017年12月に閉店)、国分寺で里芋コロッケを食べ、歩いて立川駅に戻ることにしました。

しかし国分寺から立川というのは駅にすると2駅しか離れていないにも関わらず、中央線ということで物凄い距離であることがわかりました。
ゆえに途中で国立で休憩です。国立は国分寺と立川の中間にあるから国立、って高校の社会の先生が言ってました。
そこに一橋なる大学があると。


国立駅からは相当離れた場所ですが、立川まで歩く途中にスフレ専門店なる珍しいカフェがあることがわかりました。

この、アメリカンな雰囲気の隣。
1 (1)


アメリカンな雰囲気のお店とは全く違う、どちらかというとフランスにあるようなイメージのお店であります。
1 (2)


レキューム・デ・ジュールというお店。
日本語訳で「うたかたの日々」という映画があるようですが、その映画から名前をとったのか、あるいはたまたまか。
1 (3)


店内は綺麗なカフェ、、、レストランのような雰囲気です。とても清潔感のある落ち着いた雰囲気になっています。
女性に大変好まれそうな。
1 (8)

長い髪を綺麗に束ねた男性店員さんお一人で切り盛りされていました。
オーラ的にはオーナーシェフの方ではなかろうか。


スフレを和食と意識付けているそうです。
面白い表現であります。和食と意識付けて提供する。なるほど。
1 (4)


たくさんのスフレメニューがありまして、800円~3,600円と大変幅広くなっています。
ボリュームゾーンは1,000円くらいなので、お手頃価格となっています。
1 (5)

甘いスフレだけではなく、しょっぱいスフレもありますので食事代わりでも利用できそうです。


スフレは焼き上がりまで20分かかるようで、結構待ちます。
オーダー後15分でまずドリンクが到着。
1 (9)

オーダー後すぐにドリンクが来てしまうと、スフレ到着時に大変冷たくなっているでしょうから、このタイミングでの登場になったものと思われます。


■ジャンジャンブル(1,000円)
1 (10)

フランス語のスペルは「Gingembre」。つまりはジンジャー。生姜であります。
生姜のスフレにしました。


甘くふっくらしっとりした生地に摺りたて?切り立て?の生姜が香る、甘さと甘さ以外の部分が楽しめる楽しいスフレです。
大変丁寧に作られているのがオーラでわかりますし、見事な膨らみはもちろんのこと、変に甘すぎず絶妙な味にコントロールされています。
1 (11)


外側は生地状、中はプリンとも違いますがシュワシュワしつつも滑らかな、スフレとは面白い食べ物だなと思いました。
かなり久々にスフレと向き合いました。
1 (14)


■キャラメル(800円)
1 (13)

わたしは生姜にしましたが、スフレはやっぱりこういうスフレっぽい素材のほうが美味しいです。
生姜もよかったですが、奇をてらわず普通に甘くて美味しそうなものを選べばよかった。
1 (15)

スフレは見た目のイメージ先行のお店が多いような気がしていましたが、これまで食べたスフレの中で一番美味しかった。
また国立方面に来たら寄ってみたいお店です。

今度はしょっぱいスフレを食べてみたいです。


===
【オーダー】
ジャンジャンブル 1,000円
キャラメル 800円
コーヒー 520円
紅茶 550円

■その他のスフレメニュー
1 (6)

■ドリンクメニュー
1 (7)


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

レキューム・デ・ジュールカフェ / 国立駅谷保駅西国分寺駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5



[カフェ]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : カフェ

comment

Secret

食べログランキング
食べログ グルメブログランキング
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
スポンサー
食べログ
エリア別に見る
ジャンル別に見る