FC2ブログ

これが噂の牛かつ「もと村」@三丁目

2018.08.11.13:16

牛かつもと村@新宿三丁目
牛カツ


時々各所で牛カツ屋さんに並ぶ大行列を見かけます。数年前からごくたまに見ていた光景です。
いくつかのチェーン店が展開していますが、そのうちの1つ「もと村」というお店に行ってみました。
1 (1)

新宿だけで4店舗を展開し、新宿南口店はいつも長蛇の列になっています。
しかもほとんど外国人客に見えるから不思議です。


階段を降りて店内へ。牛カツは人生初となります。
牛カツはそこまでたくさんお店があるわけではないですが、昔よりははるかに色々なお店を見るようになりました。
1 (2)


「牛かつを日本の食文化に」。志が高いです。
1 (3)


メニューは1,400円~ですが、いまは100円引きになっていました。
牛を使うため、まずまずのお値段にはなります。
一番安いのもあれだなと思い、下から2番目に安いとろろが付く130gのセットにしました。
1 (4)

英語メニューもあり海外旅行客対策もバッチリです。
なお、お金は先払い制です。


新宿南口のお店は長蛇の列を作っていますが、まさかの一番乗りで先客はゼロでした。
確かにここ新宿三丁目のお店で列が出来ているのを見たことがありません。
なぜお店同士がこれほどまでに近いのに、一方はガラガラ、一方は長蛇の列ということになるのか。
1 (11)


卓上にはドレッシングや岩塩が配備されています。
1 (10)


目の前には何やら石の鉄板。。。石版というのか。
火が灯された焼き場があるではありませんか。牛かつとはどのように食べるものなのか。
1 (5)


ほぼ、席に座った瞬間、定食が運ばれてきました。
「え?」と怪訝に思うレベルの早さです。吉野家よりもはるかに早いスピードで出てまいりました。
作り置きのようですというか、作り置きじゃないと無理です。
1 (6)


牛かつに使うソースや、ご飯にかける明太子ととろろ。
食べてみて思いましたが、牛かつを食べる上では明太子ととろろはほぼ意味がありません。逆に邪魔だったりします。
ご飯を1回お替り出来るため、お替り用のご飯のアテとしては活躍しますが。
なお、明太子は非常にしょっぱいです。ご飯が何杯でも食べられます。
1 (7)


ご飯は麦飯ということですが、ほぼ白米でした。白米時々麦という感じ。
とろろがあったり麦飯風にしたりと、牛タン定食から知恵を拝借したのでしょう。
1 (13)


牛かつ130g。大きさは20代前半とかでなければ130gで十分かと思います。
1 (9)


かなりレアで登場するため、これを目の前の石版で焼いて食べるのが牛かつスタイルのようです。
最終的な調理は自分で行うため、作りおきでも大丈夫とそういうことでしょうか。
1 (8)


美味しくないということはありませんが、このようなスタイルでわざわざ牛肉を食べなくてもいいかもなと思いました。
衣が特によい影響を与えているように思えず、衣を剥がして焼肉のようにして食べたほうが美味しいかもしれません。
1 (12)

また脂が多めのため後半少々バテてきます。260g食べられる人は本当にすごい。
なおソースは胡麻ダレはタレの味が強すぎて邪魔します。わさび&ポン酢が一番よいかなと思いました。

ブームはまだまだ続くのか。


===
【オーダー】
牛かつ明太子麦飯とろろセット 1,500円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(4) :★★★★☆☆☆☆☆☆

味(5)     :★★★★★☆☆☆☆☆
サービス(6)  :★★★★★★☆☆☆☆
CP(4)     :★★★★☆☆☆☆☆☆

牛かつもと村 新宿三丁目店天ぷら・揚げ物(その他) / 新宿三丁目駅新宿御苑前駅新宿駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.5



[定食]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : 定食

comment

Secret

食べログランキング
食べログ グルメブログランキング
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
スポンサー
食べログ
エリア別に見る
ジャンル別に見る