FC2ブログ

全部見せますロッテホテルヤンゴンの朝食バイキング

2019.02.25.07:53

ロッテホテルヤンゴンの朝食バイキングの(多分)全てを紹介します。
朝食がないプランもありますが、朝食がだいぶ充実してますので朝食付きのプランが圧倒的にオススメです。


朝食会場は地下1階のラ・セヌというレストランになります。
0224 (2)


地下1階といっても所謂地下ではなく、窓もありますし大変明るいです。
まったく地下感はありません。
0224 (23)


ホテル内ではほとんど人に会いませんでしたが、朝食レストランは連日大変な賑わいようでした。
半分くらいが中国人、1/4が韓国人、日本人は1割未満という感じに見えました。だいぶ適当ですが。
0224 (3)


仕事がある日は毎日7時半くらいに朝食を食べていましたが、そのくらいの時間帯が一番混雑しているようでした。
仕事がない日の9時半くらいに行ったらとても空いていました。
1 (3)


バイキング形式の料理たちを一気に紹介します。

ジュースコーナー。
コーヒーメーカーもありますがコーヒー、紅茶はお店の方が持ってきてくださいます。カプチーノなどが飲みたい場合はコーヒーメーカーから出力します。
ジュース


葉物野菜。生野菜は野菜についた水でお腹を壊す国もありますが、モリモリ食べていましたが大丈夫でした。
少なくともロッテホテルでは。
葉物


葉物の上にこれら野菜を次々の乗せて立派なサラダを作ります。
葉物以外の野菜


サラダ以外にも冷菜的野菜があります。
海外旅行では栄誉バランスが偏りがちですが、ロッテホテルで朝食を食べていれば大丈夫です。
野菜冷菜


冷菜だけでなく野菜の温菜もあります。野菜だけで何たる充実ぶりでしょう。
洋食温菜


オリーブやピクルスなどで味に刺激を。
オリーブやピクルス


タンパク質系としては、まずはハム、サラミ。
ハム・サラミ


そしてソーセージ、ベーコン。大陸系ブレックファーストも当然いけます。
ソーセージベーコン


玉子料理はオムレツ、スクランブルエッグ、目玉焼きなど好みの調理法を伝えると作って頂けます。
玉子焼く人


中華系では点心が。
点心


ロッテホテルなので韓国系の前菜が驚くほど充実しています。
韓国系前菜


わたしは1度も食べませんでしたがフレークも多数揃っています。
フレーク


炭水化物系では中国代表炒飯が。
炒飯は中華料理


それとお粥。隣には茶碗蒸しがありました。もちろん白いご飯もありますが、日本のようなもちっとした白米とはちょっと違いました。
タイ米とも違いますが水分量少なめでした。
おかゆと茶碗蒸し


特筆すべき点として、パンの充実が凄まじいです。種類はもとより味もとてもいい。
パン1


クロワッサンはメゾンカイザーと同じくらいの出来栄え。
クロワッサン


ワッフルやフレンチトーストなど、甘い系のパンも十二分な美味しさです。
ワッフルやフレンチトースト


ドーナツなど甘いパンの売れ行きが特によかったように見えました。
終わる時間ギリギリだと完売しているパンが目立ちました。
ドーナツなど甘いパン


パンだけで毎日違うものが食べられるほど充実しています。
0302 (14)


パンケーキを焼いてくれるサービスまであります。すごいなロッテホテル。
0302 (1)


チーズも数種類が完備。
チーズ


ヨーグルトはアロエが人気でよく無くなっていました。
ヨーグルト


マンゴー、プリン、ナッツなど。1ヶ月滞在しても飽きないかもしれない。
マンゴープリンやナッツ


南国ですので当然フルーツもあります。
果物


驚いたのはジェラートまである点です。ジェラートがある朝食バイキングは初めてみました。
ジェラート


さらにさらに驚いたのはビールまであることです。
誰1人として飲んでいる人は見ませんでしたが、ビールが朝食バイキングで飲めるのも初めてみました。
1度だけでも挑戦しようと思ったのですが、今回は仕事で来ているので断念しました。
ビール

この他、麺コーナーがあるのですが、それは更に下の方で紹介します。
麺を除いた朝食ラインナップはおおよそ上記の通りです。


毎日朝食のタイプを変えながら食べていました。
例えば初日はコンチネンタル風。
0224 (30)


玉子料理は種類を替えて毎日食べていました。
作る人で多少出来栄えは違いましたが、総じて美味しい。
0224 (31)


野菜も毎日食べます。ミャンマー料理は結構野菜が多いので無理して朝食べなくても大丈夫ではあるのですが。
0224 (32)


パンは確かに美味しい。種類は多いし味はよいし、このパンの種類だけでも宿泊ホテルに選ぶ理由になりそう。
0224 (33)


目玉焼きの日。海外のホテルで目玉焼きを頼むと必ず玉子2つになります。
昔は「玉子は1日1つまで。それ以上はよくない」と言われていた時代もありましたが、あれは迷信だったようですね。
0225 (2)


ミャンマー料理っぽい朝食にした日もありました。
1 (1)


全ての料理がとても美味しく作られているので、果敢にいろいろチャレンジしたくなります。
ただよく出来すぎているため、本場感となると特にミャンマー料理はどうなんだろうという気もしました。
1 (2)



胃が疲れていると感じた日はお粥にしたり。
毎日手を替え品を替えて朝食ライフを楽しみました。
0225 (1)


最後に麺料理を2つ紹介します。
麺料理の充実ぶりもロッテホテル朝食の紹介では欠かせないものがあります。

そして1度は食べたいのがミャンマーの方が主に朝食で食べているというモヒンガ。
朝食用の料理なのでランチ、ディナーでは1度も食べなかったのでホテルで食べることができてよかった。
1度昼に食べようとしたらミャンマーの方が「モヒンガは朝食ですよ」と言われて食べられなかった。そういうものらしい。


セルフ式ですが作り方は書いてあるので大丈夫。
0228 (3)


書いてなくても麺を入れてスープを入れて好きな具を入れるだけなので大丈夫。
0228 (2)


モヒンガの朝食が出来上がりました。
0228 (4)


具は大盛りのパクチーを散らしました。それとライムを絞って完成です。
パクチー大盛りはモヒンガがそういったスタイルの食べ物であるからはなく個人的な趣味です。
0228 (6)


スープの鍋を開けたときにはトムヤムクンみたいな香りがしましたが、スープを飲んでみるとトムヤムクン的な感じは全くありません。
ナマズの出汁なのですが癖は全然ありません。ただ朝食という意味ではガツンというパンチがあります。
0228 (1)


スープにはザラザラとした食感があり、何やらいろいろなものが入っていそう。
出汁の味わいが深く、、、めちゃくちゃ美味しい!!というほどではありませんが、普通に美味しいなとは思いました。
0228 (1)


ただ、なんとなく引っかかりが少なく、すんなりと食べられてしまったので、もしかすると観光客向けにマイルドな味にしている可能性はありそう。
0228 (7)


最後に紹介するのが朝食中華麺です。これが絶品。最高に美味しいです。
最終日に頂いたのですが、「毎日これを食べればよかった!!」と心の底から思いました。そのくらい美味しかった。

麺コーナー。
0302 (2)


まずは麺を丼に入れます。
0302 (5)


次に野菜等を入れ、丼をスタッフの方に渡すと、丼の中身を丸ごと茹でてくれます。
0302 (4)

生の肉もあるので、丼に直接入れるのはちょっとな、、、という場合はスタッフの方に「肉も入れて」とお伝えすれば一緒に茹でてくれます。


茹で上がった麺と野菜と肉にスープをかけて渡してくれます。
受け取ったら薬味等々を自分で追加。個人的には海苔を大量に入れるのがオススメです。
0302 (7)


最終日の朝食。
0302 (8)


コンチネンタル系の朝食でタンパク質を補給。
0302 (9)


しかし今日のメインは紛れもなく中華麺です。
もう香りがいいどころの騒ぎではありません。運んでくるときから顔を埋めたかった。
0302 (10)


乾燥海苔をたっぷり入れた中華麺。立ち込める香りがもう、、、本物というか美味しいそれなのです。
海苔の風味が加算されて余計美味しそうになっています。
0302 (11)


塩気が少なめで出汁の風味がすごく強いスープ。しょっぱくないのが本当にいい。日本の外食とそこがだいぶ違います。
なんとも優しいスープでしょう。海苔が磯の香りと最高の風味をプラスしてくれます。
0302 (13)


柔らかめの麺も、茹でに負けることなくもちっとした感じが残っており、これまた最高。
日本でラーメンを食べるときのように、思いっきりすすって食べたい衝動をなんとか抑えました。
0302 (12)

ロッテホテルに宿泊して朝食を食べるチャンスがある際には、是非乾燥海苔たっぷりの中華麺を召し上がっていただきたいです。


以上、できうる限りのロッテホテルヤンゴンの朝食紹介となります。
泊まりたくなったでしょうか。

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : 洋食 ミャンマー料理 中華

comment

Secret

食べログランキング
食べログ グルメブログランキング
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
スポンサー
食べログ
エリア別に見る
ジャンル別に見る