FC2ブログ

【4回目】6月の宮崎マンゴー最強説

2019.06.23.15:58

千疋屋総本店フルーツパーラー@日本橋
カフェ


水天宮前で担々麺を食べて、パフェを求めて気づけば日本橋三井タワーの前に立っていたので、そのまま2階に上がり千疋屋総本店に突撃です。
0623-2 (2)

過去3回訪問しておりますが、千疋屋総本店のパフェはすごい。
フルーツパーラーにあまり行かないということもありますが、今のところ右にでるフルーツパーラーを知りません。
・2016年1月3日 ストロベリーヨーグルトパフェ
・2018年4月8日 クイーンストロベリーパフェ
・2019年5月26日 千疋屋スペシャルパフェ


シーズナルメニュー、6月は宮崎県産マンゴーです。
お値段税込3,240円。ちょっとした飲み会級の値段です。
0623-2 (3)


14時45分の到着で10組待ち。
これまでの経験から千疋屋は1組1.5分で入れることがわかっており、、、
0623-2 (1)


やはり本当に15分後の15時に入店することができました。
1組1.5分の法則は鉄板でした。
0623-2 (4)

大好きなカウンター席。フルーツをカットする場面を見ることができるので、カウンター席が一番気に入っています。


パフェが紅茶を従えて到着。パフェをオーダーするとドリンクが300円で頂けます。
「飲み物は水で」は申し訳ないので、千疋屋に敬意を評してオーダーするようにしています。それでも300円ですけど。
0623-2 (5)


■宮崎県産完熟マンゴーパフェ(3,240円)
0623-2 (6)

こんなパーフェクトなマンゴーパフェが他にあるだろうか。凛とした王者の風格を感じます。


マンゴーはとてつもなく甘く、それでいてシャキッとしています。
完熟ですがシャキッとしている。
マンゴー自体が素晴らしい果物ですが、宮崎県産のマンゴーは群を抜いて突出して美味しい。
0623-2 (7)


アイスクリーム、生クリーム、ジュレ。全てがパーフェクトです。どの層も美味しいのです。
0623-2 (8)

上のフルーツはよいけど、下に行けば行くほどテンションが下がり、挙句の果てにコーンフレーク層と出会うなんちゃってパフェとは次元が違いすぎます。


千疋屋のパフェはずっと美味しい。「ずっと美味しいパフェ、千疋屋」。
我ながらダサいキャッチコピーである。
0623-2 (9)


帰りに京橋を通ったのですが、京橋にある千疋屋では2,484円でした。宮崎県産マンゴーでもありませんでした。
京橋千疋屋は暖簾分け店なのでメニュー構成が違うようです。
0623-2 (10)

7月は桃です。


===
【オーダー】
宮崎県産完熟マンゴーパフェ 3,240円
紅茶 324円


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング

総合評価(8) :★★★★★★★★☆☆

味(8)     :★★★★★★★★☆☆
サービス(8)  :★★★★★★★★☆☆
CP(8)     :★★★★★★★★☆☆

千疋屋総本店 フルーツパーラーフルーツパーラー / 三越前駅新日本橋駅日本橋駅

昼総合点★★★★ 4.0



[カフェ]

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

tag : カフェ

comment

Secret

食べログランキング
食べログ グルメブログランキング
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
スポンサー
食べログ
エリア別に見る
ジャンル別に見る