FC2ブログ

海老のリゾットとティラミスが特にオススメです

2019.09.24.22:53

Acquacotta@Firenze
イタリアン


観光客率:40%
日本人率:10%(我々以外に1組4人)
※あくまで行った時、しかも相当主観です


フィレンツェ3日目、夕飯としては最後となります。もうフィレンツェが終わってしまうとは。
初日にホテルの方に予約して頂いたお店に向けて出発。
0924-4 (1)


中心部からはちょっと離れた場所にある(右上エリア)、Acquacotta(アクアコッタ)。
日本でブログなどを検索して探しておいたお店です。
0924-4 (2)


19時のオープンと同時に入店したら一番乗りでした。お店の雰囲気はフランスのお店みたいです。
こじんまりとして可愛らしい雰囲気。ただ、席数はまずまずあります。小さなお店ではありません。
0924-4 (3)

とても優しい女性が応対してくださいます。本当にとても優しい。これまでイタリアで出会っていないタイプ。


最初はガラガラでしたが、20時を過ぎると超絶満席となりました。
それでも日本人率は低く、我々以外に4人1組いるだけでした。
フィレンツェの地元のお客さんが多いように見えました。なんとなくですが。
0924-4 (4)


前菜やパスタのメニュー。€10ちょいの金額設定が多く、とてもリーズナブル。
英語メニューなのでどんな料理かはだいたい想像ができます。
0924-4 (6)


メインも€20前後と全く高くありません。
1人5,000円前後で済ませられそうな金額感です。奮発までは考えていない場合はとてもオススメです。
0924-4 (7)


■ビール(€5.00≒700円)
0924-4 (10)

ビールはスモールとビッグから選べます。
ミケランジェロ広場やドゥオモに登って大変疲れていたので大きい方にしてしまいました。660mlと日本の大瓶以上のサイズです。
このモレッティはなんだかちょっと苦い気がしました。


■コペルト(€4.00≒480円)
0924-4 (11)

コペルトは1人€2です。今回の旅行で行ったお店はだいたいどのお店もコペルトは1人€2でした。
もっと高い豪華なお店に行くと違うのかもしれない。


テーブルに何気なく置かれたオリーブオイルをパンに付けながら食べますが、やはり劇的にオリーブオイルが美味しい。
0924-4 (12)


660mlのビールを一瞬で飲み干してグラスワインへ。
グラスワイン、すごい量です。ロンドンもそうでしたが欧州はグラスワインの量がいちいち多く飲みごたえがあります。
0924-4 (15)


■Caprese salad with Egglpant ,Zucchini ,traditional Olives and Oregan(€10.00≒1,200円)
0924-4 (13)

立派なカプレーゼ。
モッツァレラチーズの美味しいことといったらありません。これまで食べたどのカプレーゼよりも美味しい。
0924-4 (14)

オリーブも雑味がなく、またチーズはミルキーでフレッシュで。
方向性としては知っている味ですが、たいそう美味しいカプレーゼでした。


■Linguine with home made Pesto ,Cherry Tomatoes and baby Octopus(€12.00≒1,440円)
0924-4 (19)

大蒜と塩分の加減が絶妙なリングイネ。爽やか担当はパセリ。

麺単体で、リングイネ単体で非常に美味しく、また食べごたえがあります。
リングイネは蛸の出汁をたっぷり吸っていて、そういう意味でも麺が美味しい。
0924-4 (21)

蛸って世界的に食べる国が少ないと聞きましたが、イタリアは食べるのだな。


パスタは、日本ではソースを食べている感じですが、他のお店でも思いましたがイタリアではパスタを食べている印象になります。
大蒜がかなり豪快に入っていますがバランスはよく、豪快そうでありながらも丁寧であったり。
0924-4 (20)


■Risotto with Zucchini ,Flower Zucchini ,Saffron and King Prawns(€13.00≒1,560円)
0924-4 (16)

ネットで調べていたときから美味しそうだと思って、あったら絶対食べてみたいと思っていた海老のリゾット。

サフランとチーズがマリアージュしていました。サフランの香りが駆け抜けます。
海老の出汁もリゾットが吸いまくっており、また塩加減も絶妙です。米のアルデンテについても「ああ、米のアルデンテってこういうのを言うんだな」と改めて思い直しました。
0924-4 (17)

イタリアの米は1粒が大きい。


海老の旨味と甘さも広がる絶品リゾットでした。
通気メニューかわかりませんが、是非メニューに載っていたらオーダーしたい一品です。
パスタよりリゾットに軍配があがるのは、個人的には珍しいことです。
0924-4 (18)


メインが鳩だったので白ワインのグラスにチェンジ。やはりすごい量。
0924-4 (26)


■Pigeon with Honey ,Vin Santo Wine and Crispy Bacon(€18.00≒2,160円)
0924-4 (23)

ネットで鳩がオススメという内容をよく見かけたので食べてみました。ポテトは自動的に付いてきました。

鳩は、、、よくも悪くも野性味のある味。全体的にレバーみたいな味がします。
また骨が多くて大変食べにくいのも弱点の1つです。バクっとお肉を食べられる部分が非常に少ないです。
0924-4 (25)


ソースは甘くて深い味わい。ソース単体は美味しいかなと思いました。
ただ鳩は、、、次また頼むことは絶対にないです。鳩はオススメではありません。
0924-4 (24)

どの部位を食べてもレバーみたいな味がするのはなぜか。これが鳩の特徴なのか。
レバーみたいな味がするので健康には良さそうという気持ちにはなりました。


最後にデザートメニューです。デザートは結構種類があります。
0924-4 (27)


■TIRAMISU' al CAFFE'(€6.00≒720円)
0924-4 (28)

ディラミスにしたのですが、ぱっと見は特段特徴がなさそうなのですが、すごいティラミスでした。
スポンジはほとんどなく、ほとんどマスカルポーネチーズなんじゃないかと思わせるティラミス。

甘さは控えめで、マスカルポーネチーズがバニラのような風味で繊細な味。
日本ではまったく食べたことない方向性のティラミスで、予想の3倍くらい美味しかった。

リゾットとティラミスがかなりオススメです。

紅茶はこういうスタイルで提供されます。
0924-4 (29)


イタリアにて初グラッパ。日本で飲むグラッパよりもアルコール度数が高めに感じました。
0924-4 (30)

ビール大瓶、大容量のグラスワイン2つにグラッパを飲んでお腹いっぱいになって1人5,000円少々。
コストパフォマンスも抜群かなと思います。

よいお店でした。


===
【オーダー】
上記の通り 2人で€89.00(≒10,680円)


■ドリンクメニュー①
0924-4 (8)

■ドリンクメニュー②
0924-4 (9)


↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。

食べログ グルメブログランキング
総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(7)  :★★★★★★★☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

Acquacottaイタリアン / サンタ・クローチェ教会周辺)

夜総合点★★★☆☆ 3.5



[イタリアン]

theme : イタリアン
genre : グルメ

tag : イタリアン

comment

Secret

No title

2020.01.23.09:23

こんにちわ。イタリア編とても楽しい記事でした
イタリアはチップをどのくらい支払うのが慣習なのでしょうか?
食べログランキング
食べログ グルメブログランキング
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
スポンサー
食べログ
エリア別に見る
ジャンル別に見る